技術的な刷新の専門家になろう 

従業員に適切なテクノロジーを提供していますか? 

これほど選択肢が増え従業員のニーズが多様化している現在では、新しいテクノロジーの導入は容易なことではありません。何が必要かを絞り込むためには、知見、様々な情報が必要で入念な調査が必要です、それだけの時間と手間を掛ける価値があります。

最高の人材を惹き付け、引き留めるためにテクノロジーを活用

従業員が適切なテクノロジーを利用できるようにすることの意味は、単に仕事の効率を上げるためだけではありません。優秀な人材を惹き付ける(そして引き留める)ためにも役立つのです。

特にミレニアル世代(1980~2000年頃誕生した世代)の多く(42 %)は、職場のテクノロジーが標準以下の場合には退職を検討すると答えています。また、新しい仕事を選ぶ際に、作業環境のテクノロジーの品質を考慮すると答えたミレニアル世代は82 %に上っています。さらに、ミレニアル世代の大多数が、コラボレーションを促進するために高度なテクノロジーが重要であると考えています。この世代は現在の勤労者の最も大きな割合を占めているので(Pew Research Centerによる)、適切なツールを備えることが最高の人材を惹き付け、引き留めるために不可欠であるのは明らかです。

適切な人々に適切なデバイスを与えることで、生産性の向上や従業員情報の保護に留まらず、思いもよらないメリットにつながる可能性もあります。

デバイスがビジネスに対応しているかを確認

では、手始めに何をすればよいでしょうか。自力で調査を始めるのはあまりにも荷が重いと感じられるかもしれません。
最初に必要なのは、自社のチームについて知ることです、徹底的に知り尽くすのです。

それによって、チームが作業を進めるために何が必要かを明確にした上で、IT部門に話を持ちかけることができます。各従業員がどのようなプログラムを必要としているか、オフィスで働いているのか、外で働いているのか、どのようなデバイスを望んでいるのかといった細かい情報が必要です。

チームに必要なデバイスを判断するには、このチェックリストを利用してください

チームのメンバーと話をしてみれば、それぞれの状況が微妙に異なることが分かるはずです。例えば、会議から会議へと走り回り、電話会議に出ることが多いメンバーであれば、ノートパソコンとワイヤレスヘッドセットの組み合わせが最適でしょう。リモートワーカーの数は増え続けています。現在、全従業員の半数が、少なくとも週2、3回はオフィス外で仕事をしています。うち34 %は自宅、18 %はカフェなどの公共スペースを利用しています。

カスタマイズが鍵

仕事のためのニーズは従業員ごとに異なるため、テクノロジーに関するニーズも一人一人異なります。例えば、一日中デスクで仕事をしている従業員に、堅牢なノートパソコンを与えても意味がありません。また、グラフィックアーティストにスマートフォンでプロジェクトをデザインしろと言っても無理です。このように、チームのニーズを理解することがまず重要なのです。

IT部門との協力が重要

このような情報を把握するには多少時間がかかることもありますが、それだけの意味は必ずあります。チームが必要とするデバイスが分かれば、IT部門に相談することができます。IT部門は、デバイスが会社のネットワークで使用できることと、導入とセキュリティに関する標準を予算の範囲内で満たすことを確認し、デバイスのTCOを管理します。新しいデバイスを購入したら、IT部門が従業員のトレーニングを行い、従業員のニーズをサポートし、古いデバイスを安全に廃棄します。このようにIT部門と協力することで、チームのセキュリティや効率の維持に関して悩む必要がなくなり、チームの生産性を思い通りに高めることができます。

次の段階ですべきこと

適切なテクノロジーを採用することの重要性を理解できたら、次の段階では、従業員のためにどのようなデバイスを調達すればよいかを判断する必要があります。

デルはIntel® の技術を搭載した様々なソリューションを提供しています

従業員のニーズに合ったIntel® テクノロジーに基づくデルのソリューションを見つけ出すには、
ここからダウンロードできるチェックリストがお役に立ちます。

製品・ソリューションを動画でより詳しく