サイバー攻撃の脅威をこれらの4つのステップで防御

サイバー犯罪の防止: 発生する前に攻撃を防ぐ

 ランサムウェアの増加に対応して今すぐ防御を強化してください。

今日のセキュリティの脅威の背後に潜むサイバー犯罪者は、アプリケーションやインフラストラクチャの弱点を悪用するための自由に使える多種多様なテクニックを駆使しています。マルウェア、フィッシング、ファイル共有サービスとエンドポイントの脆弱性により、高度な脅威に利用されやすい素地が形成され、それらは防御をすり抜けてネットワーク内にわなを設置しようとしています。

多くの従来型のソリューションは、今日の高度なサイバー上の脅威に対する防御に関して有効ではありません。ランサムウェアはその代表的な例です。ランサムウェアがコンピュータに侵入すると、基本的に破ることができないコードですべてのファイルを暗号化します。身代金を支払う以外にファイルのロックを解除する方法はありません。ランサムウェアの新しい種類は、deviant twistを追加します。これはファイルを暗号化するだけでなくハードドライブ全体を暗号化するので、リカバリがより複雑で困難になります。

企業にとってデータセキュリティの優先度は高まったとはいえ、多くの経営者は、ITチームが望むほど効果的に取り組んではいません。主な障害の1つは、正しいテクノロジーに投資してないことです。デルの調査によると、トップレベルの企業の意思決定者の53 %が、将来的にセキュリティの機能の追加を想定していない理由としてコストの制約を挙げています。また、経営者が今後5年間に十分な予算を確保できると確信している企業は3社のうち1社にすぎません。

データセキュリティの確保が重要です。しかし、防御を強化するために何ができるでしょうか。

  1. 安全なオンライン操作方法を社員に教えます。社内でのフィッシング攻撃やインタラクティブなセキュリティ操作を使用して社員のセキュリティ認識をテストします。

 

  1. 認証、暗号化、高度な脅威対策を統合スイートに統合するソリューションを使用してセキュリティを簡素化します。ポイントごとのツールと比較すると、統合ソリューションはデータを保護してマルウェアを防ぐために必要なITリソースが少なくなります。

 

  1. 真の防止効果のある効果的なマルウェア対策ツールを使用します。従来の「反応と消去」のアプローチは、ランサムウェアを含む多くの攻撃に対して機能しません。マルウェアが実行された後には、要求された金額を支払う以外は何を行っても手遅れです。

 

  1. ネットワークまたはコンピュータに接続されていないストレージデバイスにすべてのデータとソフトウェアをバックアップします。

 

ITセキュリティ部門は、急速に増大するランサムウェアなどの高度な脅威を与えることができる精巧な技術を持つ攻撃者との戦いを激化させています。すべての脅威に対応できる有効な解決策はなく、シグネジャーベース

の解決策では緩和できないことは明らかです。マルウェアを防止してデータを保護するための新しい革新的なアプローチは、生産性やモビリティを損なうことなく組織のデジタル資産を守るために役立ちます。

エンドポイントセキュリティ機能を強化し、高度な脅威からデータを保護する方法を詳しく調べるには、デルのホワイトペーパー「Amp up your endpoint data security(エンドポイント・データ・セキュリティの強化)<Add URL>」を参照してください。