Windows 10を導入し、エンジン全開でビジネスを推進 – 連載第2回(6回シリーズ)

Scott Pittman、デルCIO

デルでの社内環境にWindows 10を導入する過程を記録した全6回シリーズの2回目です。前回の投稿「Windows 10の導入を今すぐに開始すべき理由」を読むには、ここをクリックしてください。

より良く、スピーディに、低コストで

これらは企業のIT部門における永遠の課題です。競争力を得られる最新のテクノロジーを、できる限り早く低コストで装備する。IT部門は、革新をもたらしビジネスの機敏性を向上し、付加価値を提供するために努力しています。迅速に移行を行おうとするとき、我々が直面する最も大きな課題の1つは、過去のオペレーティングシステムの導入による企業環境内のばらつきです。さまざまな構成、数多くのプラットフォームのアーキテクチャやバージョンのバリエーションは、クライアントのエンジニアリングとサポートに必要な時間を増加させます。

2017年末までに社内全体をWindows 10で100%標準化することは、新たなビジネスのスピードにタイオするためにデルのIT部門が実施している主要なステップです。2016年の目標まで半ばを過ぎ、移行計画を加速化させています。

速度の文化

前回の投稿で、今が企業全体にWindows 10を導入するタイミングであるとわたしたちが決断した理由、また、新しいWindows as a Service(WaaS)モデルを採用することにした理由についてご説明しました。我々が活用を計画しているWaasという新しいサービスモデルの副産物は、我々の組織に速度の文化がもたらされることです。

    • 即戦力:オペレーティングシステムの開発には、組織全体にわたるコラボレーションと複雑な作業が必要です。幸いなことに、これは数年ごとにしか発生しません。WaaSは、このアプローチを変更します。Microsoftは、リリース前に継続的なテストを行うことができるリング構成を推奨しています。これにより、WaaSスケジュールで頻繁に提供されるアプリケーション、セキュリティ更新プログラム、新しい機能とアップグレードの検証とテストを継続的に行うことができます。単純に「Current Branch(現在のブランチ)」ビルドがテストチームにリリースされ、そのビルドが企業への導入に関して「ビジネス対応」と宣言される前に4か月間検証されます。ユーザーはその後約8か月の間にそのビルドを本番環境に導入します。本番環境への導入中に、次のビジネス向けリリースのための新しいテストサイクルが既に実施されています。リソースとチームを常に準備ができている状態に置くことによって、通常の2、3年のアップグレードサイクルで発生する大きな遅れや組織の無力化を回避できます。常に最新:これまでの企業向けのパッチ適用手法では、一般的に重要と見なされるバッチのみが導入され、ビジネス継続性を優先するために、多くの修正や更新が適用されずに放置されていました。新しいMicrosoftのバッチ適用戦略は、全部かゼロかという提案です。累積的に更新することで、Microsoftは、オペレーティングシステムを標準化し、それを基にすべてのユーザーは共通の構成となります。いわゆる「常に最新」の状態です。新しいプロセスによる「常に最新」状態は、時間の経過と共により確かなものとなります。「常に最新」状態がデルやデルのお客様に提供するまた別のメリットとして、パッチの適用にかかる工数を削減したIT部門が、自由になった時間を活用して、最新のテクノロジーをより迅速にビジネス環境に導入できることを、わたしたちは期待しています。
    •  

    • 保持、保護、および拡張:MicrosoftはWindows 10の更新を年2回提供するという計画であり、したがって、自社のビジネス環境を構成する現在のブランチの数は、常に現在と次回の2つであると予想できます。これは、IT部門のトラブルシューティングを減らすだけでなく、セキュリティを強化します。WaaSにより計画的に更新されるということは、エンタープライズでの標準に従って、Windowsの新機能が迅速に更新されていくことも意味します。月次のパッチ適用でもそうですが、オペレーティングシステムのアップグレードは、完了するまでにかなりの時間がかかります。予定に組み込まれたアップグレードには通常のダウンタイムより時間がかるということに慣れる必要があります。とはいえ、わたしたちもお客様も、こうしたアップデートで新機能が使えるようになることを、これまでの経験から理解しています。

 
次の投稿では、この点についての組織としてどのように準備を進めていくか、また、プロジェクトのスコープをどのように調整していくか、さらに今後の導入フェーズををどのように計画していくかについて説明します。

Windows 10に関するより技術的な情報に興味をお持ちの方は、Dell4Enterpriseの記事をご参照ください。(英語版)