未来の働き方

今日、日本のみならず世界中で、テレワークやワークスタイル変革など、「働き方改革」の推進が課題となっています。

特に日本では、少子高齢化からの労働人口の低下、ビジネスのグローバル化と共に激化する競争など、直面する課題を解決する方法として、企業として働き方を変え、生産性を高めるという考え方に注目があたっています。

生産性を挙げるイコール労働人口を増やすことにもつながるわけです。例えば介護、育児をしながらでも働ける環境づくりは、”一億総活躍社会”のように政府や行政も後押ししている取り組みです。加えてデジタルネイティブ世代、つまりデジタルデバイスや、クラウドサービスが身近にある生活環境の中で育ってきた世代の社会進出もあり、「働き方改革」の推進は、ビジネスを伸ばさなければならない企業にとって最優先課題だと言えます。

その課題への回答として、ITソリューションが仕事のやり方を変え、これまでにないイノベーションを創出することに期待が寄せられてきました。ただ、オフィス環境に目を向けてみると、周りには数多くの新しいテクノロジーがあるものの、人の働き方自体は変わっていないケースが多く見られます。

デルは、Future Ready Workforceというコンセプトをもって、今後5年から10年先を見据えたときにあるべき姿、働きやすい環境を考えており、グローバルでビジネス展開をしています。

デルが提唱する未来の働き方とは、個人やチームが最大限のパフォーマンスを発揮することによって、組織全体が機能的、かつ創造的に運営され、将来のビジネス環境下における競争優位性を獲得できるようにするものです。

個人やチームの生産性の向上や、活発な組織づくりのためには、社員同士の円滑なコミュニケーションから生まれる「イノベーションアイディア」、社員それぞれのワークスタイルにあった働きやすい環境を整備することによる「従業員満足度の向上」、そしてITソリューション活用による「働き方の変革」の推進が必要です。

デルの日本法人では、Future Ready Workforceのコンセプトをベースに、まず「働き方」を5つのカテゴリーに分類し、各々のニーズにあったアプローチを実践しています。それとともに、グローバルに先駆けて、オフィスをリノベーションするなど、自らがワークスタイルの変革に取り組んでいます。

製品・ソリューションを動画でより詳しく