仕事でチームに力を与えるための秘訣

チームの生産性を最大限に高めるための秘訣

新しいコンピュータとテクノロジーの導入は、企業が成し得る最高の投資と言えます。Information Technology and Innovation Foundationの調査によると、作業者の生産性が、他の投資と比較して3倍から5倍向上するからです。

新しいデバイスを使用すると、IT管理者は、システムのクラッシュまたは停止から解放され、効率アップの恩恵を享受できます。これが、社員の作業品質の向上につながり、最終的には企業の収益となって現れます。技術的なハングアップの処理に費やす数分の無駄な時間を足し合わせると、驚くほど大きな数値になる可能性があります。

例えば、平均的なユーザが、システムの速度低下により、毎日15分のロスを発生させているとします。合計すると、年間60時間のロスになります。次に、この数値に、こうしたシステムを利用する社員の数を掛けます。

 「エンジニア一人当たりの生産額が年100,000ドルで、新しいワークステーションによりエンジニアの生産性が10パーセント向上すると仮定した場合、会社は年に10,000ドルを節約できます。」と、Dell PrecisionスペシャリストであるScott Hamiltonは述べています。「ワークステーションの価格など、生産性の向上によるコスト削減と比べれば、取るに足らない金額であることは、すぐに分かるなるはずです。」

デルの製品グループマネージャであるAllison Biersは、こうつけ加えます。「コンピュータで遅れが生じることは、誰にとっても非常にいらだたしいことです。遅延が生じると、注意力が散漫になり、Eメールをチェックし、別の作業を見つけて、複数のタスクを並行して始めることになります。」

これは、エンジニアリング、アーキテクチャ、およびグラフィックス設計のユーザにとくに当てはまります。こうしたユーザにとって、テクノロジーは、正確で、優れた作業結果を生み出すために必要不可欠なものです。

 「とてつもなく大きいスプレッドシートを高速処理するエンジニア、設計をレンダリングする建築家の場合、システムの遅延が積み重なると、生産性が低下するだけでなく、新しいアイデアを生み出す力も低下する恐れがあります。」と、Biersは述べています。

例えば、建築家の場合、数年前のマシンから新型のDell Precisionワークステーション(インテル® Xeon® プロセッサーと新しいAutoCAD 2015ソフトウェアを使用)に移行すると、CADの作図の生産性がほぼ倍増することが、David S. Cohn Consultingによる調査で明らかとなっています。また、最新のマシンでは5つのテスト作図の完成に、より多くの時間をかけることができたため、レンダリングで細部をより重視することができました。

Laika(The Boxtrolls(ボックストロール)ParaNorman(パラノーマン ブライス・ホローの謎)、およびCoraline(コララインとボタンの魔女)など、オスカーノミネート作品を制作したアニメーションスタジオ)のアニメーターも、新しいPrecisionワークステーションに移行したことで、さまざまな恩恵を受けました。

 「当社のアーティストは、2台のタワーが必要だった作業を1台のタワーでこなせるようになったほか、複数のプロジェクトを同時にアニメーション化できるようになりました。」と、LaikaのシステムサポートマネージャであるDavid Rowe氏は、述べています。「制作時間が大幅に短縮したのみならず、クリエイティブな側面での柔軟性もはるかに向上しました。」

ハードウェアや、ソフトウェアの不具合は、アイデアを実践に移すことも、新しいアイデアを試すこともできず、いらいらしながらただ画面を見つめるという、無駄な時間を過ごすことになります。締め切りが近くなると、クリエイティブな試みを行う余裕が減少し、それが作品に現れる場合があります。

 「集中して、アイデアに磨きをかけることも、クリエイティブなプロセスの一部です。」とBiersは述べています。「クリエイターには、大きなファイルを中断なしに処理できる、パワフルなツールが不可欠です。そうしたツールがないと、混乱が生じ、クリエイターが自分の考えを最後まで突き詰めて凝縮させる機会を奪われます。」

Hamiltonによると、Precisionワークステーションを使用するエンジニア、アニメーター、設計者などのユーザは、通常、コアビジネスを会社で行っています。

 「これらのユーザは、ミッションクリティカルな作業を行っており、高速で、最適化された、計算能力が高いシステムを使用することが非常に重要であるからです。」とHamiltonは述べています。

当社Precisionワークステーションの詳細については、こちらを参照してください。

製品・ソリューションを動画でより詳しく